TOP
日常ながら運動
日常ながら運動
メディア・講座
書籍の案内
協会概要
実践者の声

協会設立趣旨 協会概要 日常ながら運動推進協会の事業概要
日常ながら運動指導者の種別と資格取得概要
通信講座−日常ながら運動推進員・初級コース
日常ながら運動の講演会
特定商取引に関する法律に定められた標記事務事項
通信講座・資格認定講習会・講演会等のお問合せ
 
 
 

 日常ながら運動推進協会(以下「NAGARA」)の長野茂代表が考案、提唱した「日常ながら運動」とは、あらゆる健康づくりの中核をなす最新健康法であると同時に、普遍的な健康哲学でもあります。

  日常ながら運動は仕事、家事、通勤、生活といった日常生活活動を見なおし、意識して、ちょこまかと、小分けで体を動かすことで、総エネルギー消費量を高め、筋肉を活性化して基礎代謝を上げ、運動不足、肥満、生活習慣病の予防、改善、解消効果を図るもので、高齢社会における自立生活の維持、寝たきり防止等にも寄与するものです。日常生活を活動的にすることは、ストレスの解消、生活改善にも通じ、心の健康にも期待できます。

  NAGARAでは、このように個人的にも、運動不足社会、ストレス社会、高齢社会にも意義の高い「日常ながら運動」の健康哲学と正しい理論及び実施方法の普及と指導に努めることを目的として設立しました。

TOP▲
 
 
 
設   立 : 2003年5月
名   称 : NAGARA 日常ながら運動推進協会
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14−10渋谷コープ503
03-3477-7343 Fax03−3477−7362 E-mail dela.n.a@nifty.com
代 表 者  : 長野茂・萱沼文子
沿   革 : 1998年  長野茂、世界に先駆けて日常ながら運動を考案、提唱、発信
1999年  NHKおしゃれ工房で放映
2000年  日常ながら運動の健康哲学・理論を発表(ダンベラーズ実践研究会)
2001年  「日常ながら運動のすすめ」(講談社+α新書)を上梓、
        「日常ながら筋トレ」「日常ながらウォーキング」「日常ながらストレッチ」
       を開発。
       (以後日常ながら運動が21世紀型の健康法として認知される)
2002年  テレビ、ラジオ、新聞、WEB等のマスメディアで発信
       (以後日常ながら運動の一般化の促進)
2003年  日常ながら運動協会設立
        日常ながら運動指導者普及員・指導員・指導師・総合指導師
        (健康道師皆伝)の資格認定講習会開始
        「日常ながら運動」の商標登録認定
2004年  日常ながら運動通信講座開始
2007年  日常ながら運動を取り入れた「健脳体操」を開発
2011年  日常ながら運動を取り入れた「お米体操」を開発
        日常ながら運動DVDシリーズを開発
2015年  (以後現在に至る)
TOP▲
 
 
 

(1)日常ながら運動(ながらエクササイズ)普及員・指導員・指導師・総合指導師(健康道師皆伝)(以下「認定指導者」と称す)の資格認定及び登録

(2)「認定指導者」の資格認定講習会の開催

(3)「認定指導者」に対する研修会、研究会の開催

(4)「認定指導者」の派遣・紹介

(5)日常ながら運動の通信教育

(6)日常ながら運動に関する調査、研究及びその成果の収集

(7)日常ながら運動事業に対する企画、指導

(8)日常ながら運動に関する情報誌、書籍、視聴覚教材の発行及び販売

(9)日常ながら運動の功労者の顕彰

(10)日常ながら運動の啓蒙、情報発信

TOP▲
 
 
 

1.日常ながら運動・普及員

日常ながら運動の基本理論を理解し、正しく実践するとともに、
日常ながら運動を行う者に対して正しく指導する者。

(1)取得方法:NAGARAの指定する講習会を受講し検定試験に合格するとともに登録する。

(2)講習内容:1日

(3)受講資格:福祉・健康づくり関連の仕事・活動を行っている者。

(4)費用:12000円(消費税別)

2.日常ながら運動・指導員

日常ながら運動の健康哲学を理解し、社会的な普及活動に尽力する者。

(1)取得方法:NAGARAの指定する講習会を受講し検定試験に合格するとともに登録する。

(2)講習内容:1日

(3)受講資格:「日常ながら運動・普及員」資格取得者

(4)費用:12000円(消費税別)

3.日常ながら運動・指導師

日常ながら運動・普及員・指導員取得者の指導ができるとともに、NAGARAに寄与する者。

(1)取得方法:NAGARAの指定する講習会を受講し検定試験に合格するとともに登録する。

(2)講習内容:1日

(3)受講資格:「日常ながら運動・指導員」資格取得者で、NAGARAによる事前審査基準を満たした者。

(4)費用:12000円(消費税別)

4.日常ながら運動総合指導師・健康道師皆伝

「日常ながら運動・指導師」の取得者で、NAGARA代表に認定された者。

※通信講座―日常ながら運動推進員・初級

「日常ながら運動」を継続的に、正しく実践する者。

(1)取得方法:NAGARAの指定する通信講座を受講する

(2)講習内容:通信講座(3ヶ月)

(3)受講資格:一般

(4)費用:12000円(消費税別)

TOP▲
 
 
 

本コースはいつでも、どこでも、すぐできる日常ながら運動をシーン別、目的別にわかりやすく解説してあります。一つひとつの動きはすべて、長野茂による正確な写真で紹介してあります。
・日常ながら運動を基礎からしっかり学んで自分の健康法として実践したい
・日常ながら運動で生活習慣病、寝たきりを予防したい
・将来、日常ながら運動指導者の資格を取得したい
・時間的、地理的な制約により、日常ながら運動資格認定講習会を受講できない
・健康づくり関連の仕事に日常ながら運動を取り入れたい
・地域のボランティア活動に日常ながら運動を取り入れたい
そんな方に最良の通信講座です。

指導・監修:日常ながら運動代表 長野茂(ながの・しげる)・萱沼文子(かやぬま・あやこ)
主催:日常ながら運動推進協会
期間:3カ月(在籍は6カ月)
受講料:12000円(消費税別・教材費、認定料含)
特典:日常ながら運動推進員・初級の資格認定
学習内容 :日常ながら運動の基本理論/デスクワークながら運動/パソコンながら運動/外出ながら運動/通勤電車ながら運動/生活ながら運動/脂肪燃焼に効くながら運動/部分やせに効くながら運動/体調改善に効くながら運動/脳を刺激してボケを予防するながら運動

TOP▲
 
 
 

日常ながら運動推進協会の長野茂、萱沼文子代表による講演会は健康行政、健保組合、医師会、各種健康関連団体、各種健康イベント等の要請により随時行っています。

詳細は協会までお問い合わせください。

《講演会のタイトル・例》
1.「いつでも、どこでも、すぐできる 日常ながら運動で運動不足解消」
  日常生活、仕事をしながらの運動の紹介と実技

2.「日常ながら運動でメタボダイエット−肥満解消、生活習慣病予防」
  内臓脂肪型肥満のメカニズムと日常ながら運動の実技

3.「日常ながら運動で自立生活いつまでも」
  高齢者の機能回復、寝たきり予防のながら運動の紹介と実技

4.「日常ながら運動ダイエット」
  活動量を上げ、同時に筋肉を刺激して太りにくい体質に変える日常ながら運動の紹介と実技

5.「ダンベル健康体操で自立生活いつまでも」
  高齢者の機能回復、寝たきり予防のダンベル健康体操の紹介と実技

6.「日常ながら運動とアロマフィットネスでリラックス&リフレッシュ」
  ダンベル健康体操、日常ながら運動とアロマを組み合わせた運動の紹介と実技

7.「お米体操・和・輪・話で楽しく健康づくり」
  ダンベル健康体操、日常ながら運動とお米体操を組み合わせた運動の紹介と実技

TOP▲
 
 
 
商品名 日常ながら運動通信教育
「日常ながら運動推進員(初級)資格取得コース」
通信教育実施団体 日常ながら運動推進協会
責任者 長野茂
連絡先 東京都渋谷区桜丘町14-10渋谷コープ503
TEL 03-3477-7343 FAX 03-3477-7362
受講料 12,000円(消費税別)
受講料以外の必要料金 消費税、提出課題・質問用紙送付の送料
受講料のお支払い方法 商品到着後に、同封の払込用紙にて、郵便振替、
あるいは銀行口座振替にてご送金ください。
受講期間 原則3カ月(在籍は6カ月)
商品のお引き渡し 受講申込みが到着後1週間以内(※注1
返品 教材到着後1週間以内但し、商品使用後の返品はご容赦ください。
返品送料 お客様負担とさせていただきます。
(※注1)受講申込み用紙に必要事項をご記入・押印の上、日常ながら運動推進協会までFAXもしくは封筒にてお申し込みください。受講申込み書が到着後、すみやかに教材一式をご送付いたします。
TOP▲
 
 
 

日常ながら運動推進協会
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町14−10渋谷コープ503
рO3−3477−7343 FAX03−3477−7362
  E−mail dela.n.a@nifty.com

TOP▲
  Copyright © The Association for Promotion of NICHIJYOU NAGARA-UNDOU All rights reserved.